銀河帝国元帥府

ねいびーふぃーるど | main | あけおめだよ!
解説しよう(勝手に)
せっかくだからニコ銀の映像に講釈たれてみるとするかの(´ω`)
解説は水星ラストケンプだーのマーシャルさんお願いします。
kenp.jpg<あ、ども。皇帝だったり、ラングだったり、グライフスだったり(以下略)のケンプです
では、早速勝手に解説はじめます! [> 後半へ続く
銀河英雄伝説Ⅶ アムリッツア星域会戦(1/2)同盟軍=緑 帝国軍=赤
銀河英雄伝説Ⅶ アムリッツア星域会戦(2/2)
別に解説するほどでもありませんね、単なる数の暴力です。
このセッションは既に負けこんでいた同盟に元帝国の人が流れたセッションなので、
人数比があからさまに違います。艦隊については条約で3個艦隊180U(54000隻)の
制限はあるものの、その他の巡察隊やら単艦の数で防ぎようもなく、既にアムリッツア
星系の第4惑星が占領され、まもなく完全占領の一歩手前の映像です。
撮影者が旗艦丸出しで戦闘してるのが何よりの証拠です。まったく単艦の脅威がないが
故にできる芸当でもあります。
そういった事を抜きで戦術を見た場合、無理矢理解説すると、同盟が一般的なT字型
陣形に比べ、帝国の無駄な陣形はなんなんでしょう。
旗艦周りの無駄ユニット、2段した前列ユニット。因みに遮蔽効果がるので、敵 味 (味)
となると(味)のユニットは攻撃しません。コマンドレンジの都合上全て前にすることは
出来ないにしろ、火力が不十分になることが伺えます。ま、所詮数の差ですが。

銀河英雄伝説Ⅶ 巡察隊イベント同盟軍=赤 帝国軍=緑
だいたいセッション開始時にイゼ戦から始めるか、ヴァンフリート戦で始めるかを決める
為に開かれるイベントです。まあ初っ端からイゼ戦なんて軍備的にも無理なんだけどね。
仕様艦種はB=戦艦、C=巡航艦、D=駆逐艦の三種類ですね。
巡察戦の場合、帝国駆逐艦はかなり不利です。同盟駆逐艦がビーム兵装あるのに対し、
帝国駆逐艦はビームではなく、近距離狭範囲のレールガン兵装なので、旗艦を囲う
最低3Uしかないので、つっこんで戦闘することが容易じゃありません。
ついでに装甲面も同盟の方が若干良いので、ミサイルレンジでと言うことも難しい。

さて戦闘局面ですが、前に3U配してる同盟の巡察居ますね。単艦の脅威がないので
これは正解です。が、あの配置ではとっさに旗艦防御できる事は出来ませんね。
最後はラグっぽいので突っ込んで旗艦落ちしてますが。その前に旗艦被弾してます。
そこを狙わない帝国も帝国ですが。

同盟の単艦が一人逃げ回って、それを帝国が追い回していますが、どうも総大将
ボロディンが単艦で逃げ回る作戦だったようですね。
落としてれば勝ちだったのに、結局取り逃がしたしまったので、バラバラに行動してた
帝国側が各個撃破される形になってしまったと。
早々に、ボロディンがユニット放置、前述の部隊が旗艦落ちしてるので戦力としては
帝国に利があったにも関わらず、連携等の無さが露呈した戦闘です。
まあ、連携を求める事が出来ないゲームだったんですがね(´ω`;)自分を信じて~

銀河英雄伝説Ⅶ 艦隊戦イベントその1同盟軍=緑 帝国軍=赤
しょっぱなから帝国軍の右翼○コマルがやらかしてますね、確か初心者だったはずです。
まあ初心者とは言え、なんであんな移動入力になるのかは理解できませんが。
明後日の方向向かっているのに、他三部隊は前進、この時点でもう敗北決定です。
戦術語るまでもありません。後退して遅れを取った味方の合流を待つと言う事も考えず、
突っ込めば当たり前です。ただのユニットの無駄遣い。こんな奴らの為にも、船運ばなきゃ
ならないゲームなんだからほんと腹が立つ限りです。

銀河英雄伝説Ⅶ 艦隊戦イベントその2同盟軍=緑 帝国軍=赤
序盤から帝国中央の○オガミが連携と言う言葉を知らない動きしてくれています。
流石問題児。もう開始数秒で勝敗決してます。
そして使えもしない上に無意味なファンネル(ビット)飛ばして余計無駄にしてます。
それと帝国軍の場合、右翼が3U、中央7U、左翼(キルヒ)2Uが旗艦周りで無駄に
しています。こんな戦闘で旗艦周り4U以上要りません。
同盟は4部隊なので最低でも3U分は旗艦護衛で使われるので、僅かでも帝国側に
ユニット分のアドバンテージあるのに台無しです。
帝国右翼は動きみてるとどうもラグってるようですね。突っ込み方がおかしいです。
基本的にラグもサーバ全体に発生するのものもありますが、個々の環境に拠るものも
大きいです。私ほんどラグなかったので。全体発生のラグだとラグ読んだ入力だし。

帝国左翼のキルヒは何やってんのかさっぱりわかりません。艦種まで見えないので
確証ありませんが、同艦種で自分の方が多いのに攻勢に出ないのだとすれば、
遊兵化してる訳ですから、キルヒも問題ありです。
同戦力でこれだけの差がついて終わるんだから、恐ろしい限りです。
因みに同盟軍は左からルフェーブル、パストーレ、パエッタ、アル・サレム
ステは別として全員特殊旗艦コマンドレンジでけー。CRが広いのは有利です。
扱える人には、ですが。

銀河英雄伝説Ⅶ ある日の会戦風景(画質向上版)同盟軍=赤 帝国軍=緑
まあ足並みが揃わないのは常ですね。帝国左翼の○オガミ、○トヴャクが大きく迂回して
ただの遊兵になりそうなのを、ミッターが注意してます。
この丸い陣形、私はニガウリと呼んでましたがもうこのセッションくらいの時には時代遅れ。
包囲するに適さない陣形の為、また解除して陣形の変更する技量も無いため、良く敵を
取り逃がす場面も多くありました。
帝国中央部にオッペンハイマーが居ますが、キャラのステータス上機動力が遅すぎるので、
早めに行動しなければならないのですが、判断も鈍いようでほとんど遊兵化してますね。

MAPレーダーを見る限り、惑星が全て青と言うことは帝国占領下であって、同盟側は
別段防衛する物も無いのだから帝国に有利な接近戦することは全くないんですが、
帝国の遊撃部隊?の対応を中央の○ォレスタルが向かった事で、より自由に動けなく
なってますな。同盟の右翼部隊のどちらかが後ろ回った2部隊を引き受けていれば
もう少し戦況変わってたと思いますが、通常戦闘で艦種がはっきりとわからないので
断言はできませんが。
同盟これA使ってるか?どうみてもAだよな・・・「A」は戦闘艇母艦で、同盟の場合
戦艦と同じビーム兵装、射程の短い中性子ミサイル兵装があり、装甲は戦艦以上
であるが、運用コストが戦艦以上で、速力が極めて遅く機動力が売りの同盟では、
戦艦の代用にはなるが、使う場面は限られてるので、こんな感じの戦闘で使う場面
じゃないんだがな。

同盟の後続でホーランドの駆逐艦隊が向かっているけど、既に勝敗決している所に
迎えば何の意味も持たない損害で無駄にしかならない。
しかも向かってるのが、帝国の後続で来たアイゼナッハの戦艦部隊。
物凄い簡単に言うと、戦艦部隊30U(9000隻)を相手するには、駆逐じゃ1個艦隊
60U(18000隻)は必要。それでも正面から突っ込んだんじゃ無理。
アイゼナッハがあの位置で反転するには、敢えて向かったとしても、機動力で追いつける
訳もなく、ギリギリまでひきつけて間合い考えて反転してるのは流石ですな(´ω`)
既に勝敗もついてるから、無理に積極攻勢せずミサイルで削り、減ったところで一気に
攻勢、いやらしい限りです(ぁ)

銀河英雄伝説Ⅶ ある日の会戦風景~撤退編~
前の戦いの続きですね、アスターテ星系の模様。
特に敵が地上部隊を投入してない限り、いくら艦隊が居ようが惑星占領はできない上、
既にアスターテの全惑星が帝国化してるので他星系への転戦が出てくるので速やかに
撤退、再編成などが必要になってきます。
余程緊急でもない限り、損傷したまま継戦はしないですね。
アイゼナッハが撤退行動入っているのに、後ろから○オガミがついてきて一人包囲されて
ますが、オールステ100が駆逐艦持ってるなら余裕で振り切れるのに、MAP上方にいる
味方の後続部隊と合流せずに停止して、戦端を切ってるのが愚かです。
まあアイゼナッハの生返事も良くないですが(;´_ゝ`)と言うか、○オガミなんか信用
できねーっての。私なら来るなと言うだろうが

あと、アイゼナッハが既に損傷状態でこのまま戦闘に入れば確実にユニットが消滅
することは不可避になり、折角の勝ちが無駄になります。
単純に戦艦の運用コストが、同盟で駆逐艦の4倍、帝国だと5倍になるので、戦略部分も
駆け引きに入っているので、早々単純じゃないんです。
内輪擁護って訳じゃないが、言葉足らず部分があるとは言え、撤退最優先が正しい。

この戦闘を見直しても、案外旗艦周り微妙な人が多いんだな。
kikan.jpg
原則、画像左の3Uの基本形が出来ていないと、1Uどこか外れただけで旗艦への遮蔽が
切れるので危ないです。5U6U旗艦に使う場合も、基本形に足さない限り同じなの。
まあ3Uだろうが6Uだろうが、私にねじりこまれたら旗艦落とすがな。

銀河英雄伝説Ⅶ 艦隊戦イベントその3同盟軍=緑 帝国軍=赤
最後です。

序盤から帝国右翼の○オガミが明後日の方向に向かいます。流石です。
敵に側面を向けたため、部隊左翼側が集中攻撃されてます。そして回頭したとこに接近され
陣形を早々に崩されています。
コメに半包囲でも狙ってるのか?みたいなのがありますが、同数で包囲網は作れません。
また、同部隊数で背後取るとか言う芸当も、余程連携出来ない限り無理。一人が後背に
回るという事は、どちらも1v2になっている部分があり、結果としても先ず変わらない。

1:50の地点、ここで○オガミが敵○ォレスタルの旗艦捕らえているのに、落とせません。
ここで落とせていれば、ボロボロになった分の汚名返上できたでしょうに。
ファンネル(ビット)を使うと、それだけで操作量も多くなり、またファンネルもただ投げる
だけでなく、自分の移動も計算に入れ戻り入力も入れておいたりと、忙しいので
とても○オガミには無理です(^ω^)ファンネルするなと過去に2回くらい注意した覚えも
あるしな。

キルヒvsアッテン、ファーレンvsロボスを見てると消耗の具合が逆転してるので、恐らく
艦種が逆転してるのかなと。元映像みても解析できないのでなんとも言えませんが。
で、キルヒは自分の方が多いのに引き撃ちをしている為時間が掛かりすぎ、アッテンが
上手く抑えていると言えます。
ファーレンがロボスの後背に回りたいのか度々ロボスに対して側面を晒し余計に被害が
増しています。
全体的に、同盟が帝国のレールレンジを上手くかわし、ビームで戦ってたいい形だったん
じゃないだろうかと思う。
アッテンが個人的には良くやったなと、ってこのキルヒ前出のキルヒと同じか、なんつう
腰抜けなんだ。
俺にキルヒよこせぇーヽ(`Д´)ノウワーン


とまあ、勝手に解説しましたが、本来戦艦だ駆逐艦だと言っても更に亜種があるので、
3Dで確認して、そこから取るべき戦術も変わってくるので全部が全部、同盟引き撃ち、
帝国近接とは限らないんですがね。そんなの確認してた部隊持ちが一体何人居たやら・・・
以上、おしまい!
| 銀英 | 22:42 | トラックバック:0コメント:4
コメント
グライフスさんて結局南極マーシャルさんだったの!?∑(゜o゜;)
そうとは知らずいつぞやは失礼しました。。。
2008.01.31 Thu 11:01 | URL | ヘスラー[EDIT]
これはヘスラー殿おひさしゅうございます(´ω`)
なんか失礼な事されたのか全然記憶にございませんが(笑)
シルヴァーベルヒ取っとこうと思ったらなくなってたくらいでw
水星ラストのグライフスでしたら私ですよ。2代目ケンプとキシリアと皇帝とラングと
時々オベも私です(´ω`;)
マーシャル自体はイゼ帝におりましたからね、水星でアレが私だったと知ってた人はほとんどおらんですだ。
2008.01.31 Thu 18:46 | URL | 帝国元帥@管理人[EDIT]
ごぶさたしてます~☆
ラストのグライフスさんがマーシャルさんだと知っていたら、ラストの挨拶まわりで帝国に来てたときに、もう少し親切に協力的な活動ができたかもって思った^^;
そのころよくオンしてた、シンさんてのはマツナガさん?ではないですよね?
もしそうなら同じ思いです。。(x_x)

ところで、巡察イベントのボロディンさんの単艦逃げは苦肉の策で、当初から予定されてた行動ではありませんでした。
その効果が良と出たため、巡察イベント次回戦は急遽、機動100の私がやることになりました。
ニコ動にはありませんが次回戦は同盟が壊滅的決定的な敗北状況(終盤残存ユニットの差が帝国5:同盟1くらいだったはず)で、同盟内では降参ムードでしたが、マーシャル閣下の旗艦落としの術をまねて、オ○ガミさんの旗艦を落とし、劇的逆転満塁サヨナラホームランを打たせてもらいました(^^)v
そのときほど単艦専門で生きてきた嬉しさを感じたことはありませんw

いまとなっては楽しい思い出ですが。。銀Ⅶやりたいー!
2008.02.01 Fri 14:05 | URL | ヘスラー[EDIT]
ラスト日曜で土曜イゼ戦と中の人は死んでましたのでおかまいなく orz
あの時いらしてたシン殿はマツナガさんじゃないです。確かにシン・マツナガですがw
同盟でちょっとやったけどバカらしくて、大航海に戻っていきましたので(´・ω・`)
その他大勢大航海へ行ったきり戻ってきてはおりませぬggg

単艦逃げは作戦じゃなかったのね、あれはありなのか?とかでまた揉めてた記憶が
あったりとかなかったりとか。
そしてまたオ○ガミかっ!あいつの旗艦には鎖繋いで持っておかないとほんとダメだな
開幕の攻守決めイベントは観客か裏作業で、1回も参加しなかったなぁ。あれで
全体の程度測ることもまま出来たりもしたので。

エミュさえあればやりたいとこですね。宝くじでも当たらないと無理ですが~
2008.02.01 Fri 21:07 | URL | 帝国元帥@管理人[EDIT]
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://tgensui.blog92.fc2.com/tb.php/134-9e3867be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

帝国元帥

Author:帝国元帥
詳細プロフ

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
ブログ内検索

アーカイブ

時計
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック

RSSフィード